俺のセックステクニックを伝授!勃起を高め、早漏を治す!

勃起の重要性

勃起不全とは、性交時に挿入できるまでの十分な硬度に陰茎が達する事が出来ず、あるいは一時的な膨張をみせるものの硬度を維持する事が出来ない状態の事をいい、原因として考えられているのが膨張させる為に多くが必要となるので血管や信号を送る神経系に障害あるいは損傷が起こると血流量の減少ととものい不十分な膨張しか出来なくなり、他にも内分泌系に疾患を抱えている際には大きく関係のあるテストステロンの分泌量が低下してしまい勃起に障害を起す様になる事もあります。
また体からくる影響以外にも心の悩みや傷が機能に支障を来す事もあり、中には治療中の病気で用いられる特定の薬の影響によるものなど、男性の方の周囲を取り巻く外部環境の影響を大きく受けます。
これらの原因から勃起不全を起こしますが、症状が続いてしまう事で多くの方がリビドーを減退させる様になり、次第に性関連に対して関心をみせなくなる様になり、生活に支障が無い等の理由から満足な治療を受けずに放置してしまう方もおり、患者数は国内推定1800万を超すとも言われており50代男性には30%の方にPEの合併症を起しているとも言われています。
改善をする為には第一選択とされているのがED治療薬になり、どの原因である際にも多くの方に有効性を示し性交時の勃起を改善してくれますが、重症化している際には効果を示さない事もあり、そういった場合にはICI治療といって医師の特殊な調合により作られる液剤を陰茎に直接注射する事で90%以上の方に効果を発揮する方法もあり、内服薬と違い刺激や興奮が無くとも強制的に勃起状態を作り出す事が出来ます。
ED自体は年齢の増加により患者数も増加傾向にあり60代を超えれば約半数、70を超える頃には3/4以上の方に起こるものですが、若年性も増えてきている症状なので身近な病気となりつつあります。
重症化する事は稀なケースであり多くは薬剤投与で改善効果をみせると言われているので積極的に治療に取り組みましょう。