俺のセックステクニックを伝授!勃起を高め、早漏を治す!

陰茎の仕組み

勃起とは、男性の方にとっては当たり前に起こる現象となる事から単純な仕組みにより起こると思えますが、実際の所、その仕組みは思っている以上に複雑となり、硬度のある膨張した状態になる為には体の幾つかの機能やそれに加えて関係のある物質が分泌されなければ起こす事が出来ず、性交に支障が出る事もあり生理現象であるだけにセックステクニックにより補える事でも無く、EDの発症に伴い早漏症を併発してしまう事もあり仕組みを知る事で原因を探る事にも繋がるので簡単にでも頭に入れておく必要があります。
まず生まれた時から下半身に懸下している陰茎構造は左右を一対となる海綿体と一本の尿道が通っており勃起を起こす為には海綿体の機能が重要となり、体の中でも特に細い糸の様な血管が無数に集まる集合体となるスポンジ状の構造となりその周りを覆おう様に白膜があり、日常生活ではこの部位に繋がる平滑筋や血管は収縮した状態を保ち、体内を巡る血液が輸送される事はなく通常の働きとして組織内に酸素あるいは栄養を供給するだけに留まります。
ところが性的な刺激や興奮を脳が感じ取る事で中枢神経を興奮状態にし処理が行われた情報が脊髄の神経を介して陰茎へと情報伝達する事で体の中でNOを放出が行われ、これを勃起を起こす為のシグナルとなります。
放出された物質の影響によって膨張状態を作るために重要な二本の血管、陰茎深動脈と螺行動脈を緩める事ができ、同時に平滑筋を弛緩する事で多くの血液を輸送する為の準備が行われ、海綿体を血液で満たす事で圧力により硬くなる状態となります。
また静脈が圧迫された状態になる事から内圧が上昇するので一度輸送された血液が簡単に出ていく事はなく一定の時間であれば維持する事が出来ます。
体内の組織活動を知る事はセックステクニックと同様に大切な事であり、機能が不全状態に陥る事でEDや早漏の引き金として発症の原因になる事もあるので仕組みを理解しておく事は早期発見にも繋がると考えられます。