俺のセックステクニックを伝授!勃起を高め、早漏を治す!

早漏とセックスの悩み

PEまたを早漏とは、男性の方のオルガズムである射精に至るまでの時間が急速に早まる症状であり、またある程度本人の意思で操作出来る事が出来なくなる為、射精を迎えるものの男性の方は不本意に捉える事もあり、それは相手をオルガズムに達させる事が出来ないので罪悪感に似た感覚に陥り、セックスに対しての自信を喪失する事もあり、相手側から考えれば一方的な射精であり性的な欲を解消する事が出来ない為、不信感や気持ちが満たされないのでその方とのセックスを魅力に感じず、避ける様になります。
悩みである一方でオルガズムに本人は達しているので、病気とは考えず放置する方もいますがセックスは二人が絶頂を迎える事に意味があり、なんら自慰行為と変わらなくなるので価値観などは個人差がありますが、治療を受けるべきであり改善する事が必要です。
またPE単体で発症する方もいますが、EDの合併症として起こる事もあり合併症を起している男性の方は500万を超えるとも言われ深刻な悩みに発展してしまう事があり、思い込む事は更に悪化させてしまうので早めの対応が大切です。
脳の働きに関係があると考えられており、正常な方に比べ異常な興奮状態になっている事が多く自分の意思とは反対に射精に達する為、改善法の一つとして唯一適応があり、応用して治療に用いられるのが鬱病や統合失調症等の精神障害に使われるSSRIダポキセチンを投与する事で、脳に作用し人間の精神に関わり気持ちを落ち着かせる事の出来る物質セロトニンを分泌させる事で興奮を穏やかにし、落ち着く事で射精をある程度まで操作する事が出来る様になります。
時間にすると約3から4倍は持続する様になり、相手がオルガズムに至るまで持続させる事ができ双方満足のいく性行為が楽しめ早漏の改善へと繋がっていきます。
個人的な判断が難しい病気でもあるので、ネットなどを通じて情報を集める事が出来ますが決して勝手な判断をせず医師に診てもらい判断を下してください。